青天の霹靂
自己満足100%日記。自分の行動を記録する為に書いてます。意味不明な独り言多々あり。


プロフィール


フランソワ

Author:フランソワ
最近常に眠いです。
暇を愛する。
平和を愛する。



シチュー引きずり回し




最近の記事




人生が輝き出す名言集




presented by 地球の名言


最近のコメント




リンク



このブログをリンクに追加する

カテゴリー




月別アーカイブ




カウンター




気まぐれクラウド


読み込み中...
powered by syany

count douw




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.09.30  5:どすどすばーびどす <<10:13



この日はパリ→ベルサイユ→パリ(・∀・)
大距離移動はナシ。

かなり衰弱しつつある体を引きづりながら
まずはセーヌ川クルーズ。
セーヌ川
この日は残念ながら曇り時々雨。

クルーズでのった船には
屋根のない二階席とか甲板部分の席が
まわりがよく見えるいい席なのに
雨でびちょびちょ。。。
しかし!若い私たちは負けずに外へ!!!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ
そして普通に街をあるいてても寒くて、
川の上はそれ以上に寒かったけど
そんなの関係ねぇ!(古)

ほかの人がなかなか外に出てこない中
写真を取りまくり。
かなーりここで写真とった。

川にたくさんかかってる橋が
ひとつひとつ欄干や柱とかのパーツが
美しかった(*´ェ`*)

橋1

N
ナポレオンが作らせた橋にはちゃんとNって書いてあるねん。

橋以外にもセーヌ川沿いには
有名な建物がいっぱい建ってる。
寺院?

外に出っ放しだったせいか
アナウンス全然聞こえなくって
なにが何の建物があんまりよくわからないながら
3人で興奮して見た。笑

やっぱり一番テンションあがったのは
エッフェル塔が見えてきたとき。
エッフェル
EUの会議中の装飾として飾られてた星もかわいく撮れたvv

クルーズの後にはお土産ものやに連行された。
1つめはすんごい勢いでヴィヴィアンを進めてくる店員さんがいるお店。
いつもは店員さんが勧めてくるとよさげな反応しないと悪い気がするけど
ここの店員さんの勧め方がすごすぎて
あしらうのが悪いって感覚が薄れた。笑
店員さんのアプローチは逆効果やったね。
あしらいレベル1やった私に経験値ためさせてくれてありがとう。ははは。

2つめは○越!パリにあるんやーって感じやった。
パリまで来てここで買い物する気はなかったけど
パリに泊まってるわりにパリをゆっくり回る時間がなくて、
なかなかいいものが売ってたから
ここで練り香水を衝動買い♪
高かったけど、ユーロやと金銭感覚がおかしくなるから危ないね。
ケースが気に入ってるのでいいんやけど。

次はベルサイユ宮殿。
ベルサイユ入り口
金の門がうつくしーーー

ヨーロッパの城て天井がすごいんやね。
そのまま美術品って感じ。
ベルイサイユ1

壁にもいっぱい絵がかかってて
もっといろいろ見たり解説聞いたりしたかった!!
結構早足でまわって、
集合時間までお土産を長時間見すぎたのと
途中でまよったせいで
庭もゆっくり見られなかった・・・
もっかいいきたいです。
ベルサイユ2

マリーアントワネットは日本の漆器とかもコレクションしていたらしく
それをたしか京都の国立美術館で今度展示するらしい。
誰か一緒に見に行きませんかーー

ベルサイユの後はパリに帰ってムーランルージュ。
どすどすばーびどす。
ドレスコード引っかからないためにスイスから紆余曲折の準備のかいあって笑
すごいよかった!!
まず入ってショーの雰囲気に感動。
ヨーロッパカポーのラブラブに感動。
バラの花を売り子さんが売って回るんだけど
男の人がそれを買って、女の人の服とか髪につけてあげるねん。
隣に座ってたカポーはバラを買うたび、ショーに感動したたびに
ラブってて見ててちょっと面白かった。笑

ショー自体は、舞台がすごい近くて
言葉はわかんなかったけど
踊りとか歌とか体(笑)がすごいことはわかった。
また、ショーも見に行きたいっす!!

帰りは初めて地下鉄に乗って
ワインでクラクラに酔いながら就寝~~

凱旋門
おまけ:凱旋門

No.188 / 日々を粛々と記す / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.09.26  4:口ひげダンディズム(巻き) <<09:43


インターラーケン→ジュネーブ→パリヽ(・∀・)ノ ワッチョーイ♪


朝からいきなり添乗員さんMとバス運転手リチャード(仮名)の
激しい口論を聞きながらユングフラウへ。

山に登る列車は往復2万円ナリ。
ユングフラウ列車
色はこんなにかわいいのに何気に高級な乗り物。
超絶カールの口ひげが素敵な車掌さんが乗っているv

高山病にならないために
・走る
・大声を出す
は、してはいけないこと。

そういいながらも山を登る中継地点で2箇所
展望スポットに止まってくれるんだけど、
停車時間がたったの5分。

乗り遅れたら非情にもほっていかれる。
2万のチケットがパー。
しかし、駆け込み乗車→高山病(・∀・)
なんやねん!!ってかんじ。

ここらの地点では気づくとのぶがいつもはぐれていて
まっちょと一緒に競歩していたのが思い出。笑

空気が薄いのと、これまでの疲れで
列車中のmyアンニュイ写真率がすごいのも思い出。爆

頂上では、麓でちょーっと曇り空だったのが
完全に雲に入ってしまって周りが近くしか見えない状態に。

まずは、壁も床もぜーんぶ氷でできてる
氷の宮殿へ。

EUネズミ
氷漬けのネズミ発見!!

鷲と鳥
題「魚と鷲」

床まで氷だけど、
まったく溶けないので
気をつけていれば転ばずに歩けるのです。

つぎは、極寒の外。
めっさ寒い。
3人で写真とってもらっても一向にスイス国旗がはためかないorz
ユングフラウヨッホ
それはさておき、すばらしい山。

お土産に、スイスの国旗をモチーフにしたものが
いっぱい売ってて可愛かった。
スイスグッズ
日本の国旗じゃ可愛くならないもんね。
しかーし私は、スイスのチョコをGet!!

山から下りた後は
ジュネーブに移動して
TGVに乗車(*´∀`)ノ
乗り心地がよかった気がする。
机が前についてたのがありがたかった。
衰弱して寝ていなければ
いろいろできそうな感じやった♪

しかし、鉄子じゃないので
ありがたみはよくわからないw

寝てたらいつの間にか
パリ(。・ω・。)
夜に着いたんだけど
ちょこっと街中を通るだけで
名前わからないけど
なんだか立派な像や建物がいっぱいで
ちょっと元気が戻った(*´_ゝ`)

明日からはパリ観光(*´∀`*)

No.187 / 日々を粛々と記す / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.09.19  3:行きしなに飛行機がシステムダウン( ゚Д゚) <<21:27


3日目。
だんだん書くのがめんどくさくなってきました。
ゲフンゲフン

ホーエンシュバンガウ→ヴィース→インターラーケン(・∀・)

ドイツのホテルは親日家のおじさんがやっていて
夕食のときにも各席を回って挨拶してくれたり
日本人のためにご飯やカレーが置いてあったり
いいところやったv
おじさんがピアノがすごい上手で
ドイツってたしか作曲家とかいっぱいいたよねーさすが!って感じやった。
ナイトツアーにもいったんやけど
めっちゃ自家用車でおじさんとカタコトでしゃべりながらで
おもしろかった。
田舎道でおじさんスピードだしすぎやし笑

さてさて、今度こそ3日目。
ホーエンシュバンガウには
ノイシュヴァンシュタイン城があるのでぃす!!
ノイシュヴァンシュタイン=新しい白鳥のって意味。(注:要のぶに確認)

ネズミの国のシンデレラ城のモデルらしい。
ノイシュヴァンシュタイン城
外からの風景も美しい!!
これは城の絶景スポット、マリエン橋からの風景。

ここで、同じツアーの謎のオヤジ二人旅の二人がオーストリアへ逃亡を図ったため
城の入場指定時間に遅れそうになり全員強制ダッシュヽ(´▽`)ノ
本当に楽しい旅です。ありがとうございました。

外からの眺めも、城の麓からの流れも美しかったvv
ダッシュしながらもシャッターにばっちり押えた☆

中は、ワーグナーのオペラをモチーフにしたものや
中世の伝説が壁画に描かれていて
本当にファンタジー(* ̄▽ ̄*)
もっとヨーロッパの伝説とか知ってたらもっと楽しめただろうなー♪
自分のお土産にクラウンのネックレスも買ったし
大満足!!!

お昼はドイツ名物ビールとソーセージ。
ドイツビールとソーセージ
この添え物?のキャベツの酢漬けは日本人の口にはあわない。。。

次はヴィース教会へ。
すごい田舎にぽつんといきなり現れる
すんごいゴージャスな教会。
ヴィース教会
裏庭の牛たちが放牧されてる風景と
教会の中の派手さとのギャップがものすごい!!
(教会の中は撮影は遠慮するのがマナーなので泣く泣く撮れず。・゚・(ノД`)・゚・。)
ベルサイユよりも、ノイシュヴァンシュタインよりも
私としてはここが一番芸術的に美しかったと思った(*゚д゚*)
これも、聖人ってどんなものなのか知ってたらもっと楽しかったのに!と思った。。。
雑学勉強しなければ(´・ω・`)

次はオーストリアに一瞬入って
さようならドイツ!お邪魔しますオーストリア。こんにちはスイス!

スイスに入ると険しい山が現れた。
かわいさはドイツに負けるけど
いかにもハイジが居そうな感じ。
suisu

インターラーケン、湖と湖の中間の地で宿泊。
スイスでは水道の水が飲める!すばらしい。
3人部屋にダブルベッドが2つ!すばらしい。
睡眠時間が約4時間。ほんとすばらしい。

No.186 / 日々を粛々と記す / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.09.13  2:街道珍道中 <<15:46


次の日からはドイツ観光。
ハイデルベルク→ローテンブルク→フュッセン(`・ω・´)

ハイテルベルクの街は
パリより都市って感じじゃなく
ローテンブルクほど田舎って感じじゃなくて
いい感じ。
西洋的建物に触れた初めのところやから
やたらテンション高かったなぁ。。
普通のマンションもかっこよく見える(・∀・)
ハイテルベルク街
窓枠に置いてある花がなんともきれいやったvv

ハイデルベルク城は、
上層階が落雷?か火災で枠いがい無くなってしまってるねんけど
それでも外の装飾が素敵。
城に入るための吊り橋とかがホンマに残ってて。
テラスからは町が一望できて赤い屋根が綺麗やった
ハイデルベルク
ここには2000人?の一年分のワインを貯蔵できる巨大酒樽があって
その上に乗ってきた!!笑
巨大樽

横にはプラキヨ?とかいう名前の酒の神様的な人の像があった。
酒の神様なのに間違って水を飲んでしまったために死んだららしい。


ローテンブルク城壁外

ローテンブルク

上のはローテンブルク。
ここは、中世のドイツの風景がそのまんま残っているところ。
城壁も歩けた☆
町中が全部かわいいのです。
US○やディ○ニーランドの
かわいい街並みを地でやっている感じ。

町のまわりは静かで街並みを見て回るのが楽しかった。
中心部には一年中やってるクリスマス専門店があったり
クリスマス専門店
村長ビール一気飲み伝説をたたえた仕掛け時計があったり。

ドイツいいところ!
ドイツは旅行前は別に意識してなくて
こんなに可愛いと思ってなかったから
感動やった。
かわいいものがありすぎて
かわいいものに慣れた笑

ロマンチック街道は一部走ってんけど
古城街道は通ってないから
またドイツにはぜひ行きたい!!

No.185 / 日々を粛々と記す / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.09.12  1:驚きの36大特典  <<15:29


旅行にいってきた!!
初のヨーロッパ進出。

誰も望んじゃいないだろうが
自分のために。
記録日記!まるで昔の貴族のようですね!(ぇ)

まずはバスで空港へ。。。
11時集合やのに
バスがなくって2時間ほど早く空港へ。
もうこの時点でしんどい( ´ー`)フゥー...
仕方ないので
両替の最安レートを求めて空港の中を縦横無尽☆
メガバンクはレートが高い印象やったな。

空港ウロウロしたり、電話したりしてると
結構時間が過ぎるのって早い。
あんまり待った気もせずに集合時間に。

my旅友のぶとまっちょとともに
サブウェイをかきこんで、飛行機へー
フィ○ランド航空はご飯のふたとか
紙ナフキンとかおやつとか
デザインが全部かわいい!
fin航空お菓子

さすがムーミンの国。

機内でやってたGガールっていう映画がいろんな意味で面白かった。
おいしいパンといっしょにものすごいまずいパンも出た。
パンがこんなにまずいと思ったのは初めてなくらい
まずかった(´д`)

そんなこんなで、中継地ヘルシンキ。
ヘルシンキ蝶オブジェ
さぶい!上着をトランクに入れてたからガクブル。・゚・(ノД`)・゚・。
ムーミンショップがあった♪
そこで、ミーのマウスパッドを購入。
ヘルシンキに旅行に来たわけじゃないのにね!!

次は、ヘルシンキからフランクルトへ。
ついたら夜中!
ずーっと飛行機で夜から逃げてきたけど
追いつかれたようです。
そこからフランクフルトは素通りして(泣)
ハイデルベルクへ。
学生の街なんだって。

夜だから全然人気がなかったけど
建物がかわいいのと
窓際のお花が気に入ってキョロキョロしながらホテルへ
ホテルの部屋も
予想してたのよりはいい感じ。
それとも、もっといいホテルは想像以上にいいんかな??
また、天井が高くてベッドのかわいいホテルやった。
エキストラベッドも大きかったし、
トランク三つ広げても狭くなかったから全然オッケー。
添乗員さん的には、ちょっとトラブルがあったので
「枕銭は不要!」なホテルらしいけど(^-^;)
枕銭って笑


No.184 / 日々を粛々と記す / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。